• 太田 雄介

バナナと納豆巻きとしあわせと。

最終更新: 2019年6月12日


食べ物で幸せになる

世の中には幸せになる食べ物があります。

というと怪しげですが、幸福感を感じるホルモンを促進する食べ物ですので、法的にも大丈夫です。


幸せを作るホルモン、セロトニン

幸福感を感じるホルモンは、リラックス系の幸せホルモンであるセロトニン。

セロトニンがつくられるとストレスを受けづらく、疲れにくく、リラックスした気持ちになれます。

また、セロトニンは夜になるとメラトニンという良い眠りを誘発する物質に変わるので、ベストな朝に食べるとより効果を発揮するでしょう。


そして、セロトニンの元となるのが必須アミノ酸のトリプトファン、ビタミンB6、炭水化物なのです。


バナナと納豆巻きと幸せ

セロトニンは、日光を浴びたり、リズミカルな運動を行うと作られますが、そもそもその元となる栄養素を食べておく必要があります。


セロトニンの元となるのはトリプトファン、ビタミンB6、炭水化物の3種です。


本来は、それぞれ摂取する必要があるのですが、


なんと!


それらを一気に摂取できる食べ物が、地球には存在しているんです。


その一つ目が、バナナ!!

セロトニンの元となる全てが含まれています。

まさに

バナナはパーフェクトハッピー食べ物!!

なんです。


もう一つが、納豆巻き!!

納豆にはトリプトファンとビタミンB6が、ご飯には炭水化物が豊富に含まれており、

納豆巻きは、まさにパーフェクトハッピー料理!

なんです。


皆さんも、是非食べてみてください☺️


なお、

筆者は、1度、

より効果を高める為にバナナ納豆巻きにチャレンジした事がありますが、

こちらは味の観点から、オススメできません☺️



442回の閲覧

 © 2019

General Incorporated Association

Well-Being Design